ETF入門 選び方

投資信託とETFの違いを確認

主要指数や業界を絞り込んで、
複数の個別株式にファンド形式で投資していくStyleは、
ETFも投資信託も一緒。

『では一体、ETFと投資信託は何が違うのだろうか?』

ETFへ投資した場合と、投資信託へ投資した場合を比較したのが下記の表です。

比較項目 投資信託 ETF
取扱機関 限定された証券会社 全ての証券会社で購入可能
価格の透明性 銘柄名・価格の確認は、取扱い証券会社に都度問合せが必要 ETFの価格はオープン。
東証・大証の株価ボードでリアルタイムの価格を確認可能。
取扱い手数料 各証券会社にて設定。 各証券会社にて設定。
信託報酬 ファンド毎に設定。
基本的に割高
ファンド毎に設定。
基本的に割安。
リスク 分散投資&指数連動型なので、個別銘柄のリスクは軽減。 分散投資&指数連動型なので、個別銘柄のリスクは軽減。
売買タイミング 購入&売却価格の指定は不可能 購入&売却価格の指定が可能
デメリット 運用指針・価格等の確認が煩雑でリアルタイム性に欠ける。
その為、市況急変時の対応が後手になりがち。
株式・ETFと比較してトータル手数料が高いので、最終利回りが目減りしてしまう。
現物の株式投資と比較すると、利回りは見劣りする。
ただし、投資信託同様に複数の投資対象に分散投資しているので、リスク軽減は出来ている。
平均利回りを比較すると、
投資信託<ETF<株式投資となる。
メリット ファンドマネージャーの手腕によっては高利回りが期待できる。 信託報酬が格安なので、長期投資の場合は複利運用の恩恵を享受できる。
海外株やコモディティ(金などの商品)にも投資可能。

ETFを購入するのに適した証券会社の比較方法

これからETFへの投資を開始する人は、以下の点に注意して証券会社を選ぶ必要があります。

各証券会社の手数料を比較

        ⇒最終的なトータル利益を強く意識しましょう。

取引システムの強度&信頼性を比較

        ⇒オンラインネット証券で本当に大丈夫かチェック。

オンライン発注の使い勝手・操作性

        ⇒手数料が低いオンライン発注の操作性・発注までの使い勝手は大事です。

取扱い商品の豊富さ

        ⇒長期資産運用には分散投資が必須なので、取扱商品が多いに越した事はありません。

サポート体制の満足度

        ⇒不明点をすぐに解消し、取引に集中できる体制を取る事が出来るかチェック。

ETFを購入するのに適した証券会社の比較方法

国内でETFを積極的に上場させているのは、野村證券・大和証券・日興証券や、iシェアーズでお馴染みのバークレイです。
ただ、あなたがETFを購入するなら絶対ネット証券からオンライントレードする事をオススメします。

ネット証券手数料比較ランキングでは、SBI証券や楽天証券、マネックス等が上位ですね。
上場ETFであればどこの証券会社からでも発注できます。だから証券会社の手数料を比較する必要があるのです。
本サイトでは、ETFの代表的な指標構成銘柄の紹介と手数料が安いネット証券をご案内しています。

投資と仕事について

株価に影響を与える指標の代表格と言えば、雇用統計・消費者物価指数が大きいですね。
日々チェックする事はないですが、発表数値を確認して大きな流れを掴んでおくことは大事です。

雇用統計
消費者物価指数

また、大きな流れを掴むうえでは、人口統計も大事。
日本の人口動態

少子高齢化は分かっているけど、数値で把握する事は大事です。
労働人口が減り、現役世代に負担が重くのしかかるのは明確です。
あなたはもう準備できていますか?

自分のキャリアを見直して、早めに進路変更をする必要がある人も多いでしょう。
最大の資産であるあなたのキャリアを最大限に活かす為の転職という選択肢もあるでしょう。

仕事探しと投資は似ています。
必ず第3者の客観的な視点が必要です。
「思い込み」は厳禁なのです。

だから、大手の求人支援会社を利用するのが良いでしょう。