金価格連動型上場投資信託(金連動)

大証の金ETFといえば、『金価格連動型上場投資信託(金連動)』

個人投資家が金投資のメリットを享受できるようにしたのが、金ETF。
大証に上場する、『金価格連動型上場投資信託(金連動)』もその一つです。

金ETFの仕組みは、
海外の金融機関が発行する、金価格に連動する債券(リンク債)を組み込む投信とすることで、上場させています。

金価格連動型上場投資信託(日本経済新聞掲載名:金連動)
ファンド名金価格連動型上場投資信託
銘柄コード1309
上場市場大阪証券取引所
投資対象

1g当たりの円表示の金価格
※対象指標(1g(1グラム)当りの円表示の金価格)に連動する投資成果を目的として発行された有価証券のみに投資。
ロンドンにおけるロンドン渡しの金価格に円換算為替レートを乗じて得た額を1g(1グラム)当りの価格に換算して算出

信託報酬純資産総額に対して年0.525%(税抜年0.50%)以内(平成20年9月25日現在0.525%(税抜年0.50%))の率を乗じて得た額
売買単位10口単位
上場日2007年8月
運用会社野村アセット・マネジメント
http://nextfunds.jp/lineup/1328/detail.html