SPDRゴールド・シェア

東証で購入できる金ETF 『SPDRゴールド・シェア 1326』

世界標準のロンドン金地金価格に連動するETF。
下記のような仕組みになっています。

spdr etf

SPDRゴールド・シェア
ファンド名SPDR[スパイダー]R ゴールド・シェア[SPDRR Gold Shares]
銘柄コード1326
上場市場東京証券取引所
投資対象

金地金価格
※金現物取引価格の世界標準である「ロンドン金値決め(London gold fixing)」に連動を目指す、世界最大級の商品ETF。

信託報酬純資産総額に対して年率0.40%程度を乗じて得た額
売買単位1口単位
上場日2008年6月30日
運用会社

ステート・ストリート・グローバル・マーケッツ・エルエルシー

※SPDRゴールド・シェアは、主要金鉱山会社により1987年に設立された非営利団体ワールド・ゴールド・カウンシルの子会社であるワールド・ゴールド・トラスト・サービシズ・エルエルシーが管理を担当。
そして、ETFの組成業者として著名なステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのグループ会社であるステート・ストリート・グローバル・マーケッツ・エルエルシーがマーケティング・エージェントを務めています。
http://www.spdrgoldshares.com/sites/jp_ja/

金ETFの上場で、日本人にとって金の保有が身近になった

資産を保護目的の金の保有から、資産形成目的の金投資へと推移しています。

最も重要なのは、伝統的な資産クラスや主要な経済変数との相関度が低い点。

だから、資産を分散するために利用できます。

分散ポートフォリオを構築する際に利用すれば、

金はポートフォリオ全体のリスクを低減する潜在性を有しています。

その結果、最終的に投資家の財産を保護する役割を果たす可能性があります。