原油ETF

商品指数に連動するETF

原油を中心としたエネルギー資源や、貴金属、農作物にも投資していくS&P GSCI 商品指数。

この指数連動を目指しているのが、
『イージーETF S&P GSCI商品指数^(TM)クラスA米ドル建受益証券』です。

イージーETF S&P GSCI商品指数^(TM)クラスA米ドル建受益証券
ファンド名イージーETF S&P GSCI商品指数^(TM)クラスA米ドル建受益証券
銘柄コード1327
上場市場東京証券取引所
投資対象

S&P GSCI 商品指数
※S&P GSCI 商品指数とは、主に世界生産量加重ベースで計算され、活発で流動性のある先物市場の対象である主要な実物商品24種類から構成されています。

信託報酬純資産総額に対して年率0.45%程度を乗じて得た額
売買単位1口単位
上場日2008年10月22日
運用会社

アクサ・ファンズ・マネジメント・エスエイ
アクサ・ファンズ・マネジメント・エスエイは、フランスの保険・金融グループ「AXA(アクサ)」の資産運用部門。

http://www.axa-im.co.jp/index.htm

S&P GSCI商品指数 トータル・リターン指数ドル構成比率

原油ETF

【WTI原油指数とは】

S&P GSCI商品指数の組み入れ構成比で、40%強組み入れられているWTI原油。
つまり、このETFは原油ETFと言っても過言ではないでしょう。

さて、それではWTI原油とは何なのか?

WTIはウエスト・テキサス・インターミディエートの略。
米国西テキサス地方で産出される、硫黄分が少なくガソリンを多く取り出せる高品質な原油の事を指します。

世界的に見ると原油の指標として、
欧州の北海ブレント、中東のドバイ等もあります。

ただ、WIT原油指標は、市場の流動性や透明性が高いため、
原油価格の指標にとどまらず、世界経済の動向を占う重要な経済指標の1つになっています。